競馬半年の振り返り

競馬歴半年を迎えたので

振り返り、反省会を行います

f:id:GSX_RR:20170611214211p:plain

f:id:GSX_RR:20170611214605p:plainf:id:GSX_RR:20170611214547p:plainf:id:GSX_RR:20170611214533p:plain

結果は惨敗。

1-4月に発生したマイナスを必死に回収している現状。

5月から回収率が上がったのは、競馬新聞を買って予想し始めたから。やはり自分の予想では競馬は当たらない。情報が全てであると学んだ。

そのため、何度も何度も百万円のチャンスがあった。しかし、買おうとした時に限って仕事であり、来客ありで涙を飲んできた。

WIN5もWIN4.WIN3と的中している。

特にハナ差で2回も100万円を逃した、もうこれに関しては運のツキだろう。どうにもならないこともある。

ただ、そこまで予想出来るようになった、人気馬を消せるようになったのは大きな進歩である

また、3連単中心の馬券から、単勝複勝ワイドにシフトしたことも大きい。いかにリスクを減らして安定的に勝つか、ここがポイントである。 しかし、その実験の場が悪かった。そう、地方競馬である。 情報が当てにならない地方競馬は、パドックが全て、つまり、リアルタイムで馬を見ていないとほとんど当たらない。サラリーマンには適さないのである。 それなのに、暇だから買ってしまった。 f:id:GSX_RR:20170611215340p:plain コツコツ積み重ねてきた勝ちを、たった数日でいくら失ったのだろう。 我慢、が足りなかった。 勝てるレース、予想出来るレースだけ買えば負けないのに、自分に負けてしまった。 敗因はここにある。 5月中旬には64万まで盛り返したのに、たった3週間で60万、使ってしまった。 それが増やした金だから良かったが、、、だからこそ無駄に買ってしまった。 泣いても帰ってこない チャンスはあった それは6月10日、東京11R f:id:GSX_RR:20170611215824p:plain f:id:GSX_RR:20170611215624p:plain 本命8-16 3連単8-16-1.15 当たれば60万円、起死回生のレース。 ゴール前まさかのハナ差で去年1着馬に差されハズレ。 神様のイタズラかよ。 後から気づいたことだが、8-16の馬単で170倍もついていた。つまり、自信がある2頭に絞って1万円買っておけば170万であったのである。 本当に惜しいことをした。 結果100円購入の17000円戻り こんなチャンスは本当に滅多にない。 なのに血迷って、盲目になって、気づかなかった。 元はと言えば、この時点で資金が減っており、予算を決めていたので腰が引けたということも原因であるが。 その原因を作ったのは地方競馬である。 以上を踏まえ。 今後の馬券の買い方を研究する。 ルールを設定する。 ① 地方競馬封印 ②土日中央競馬のみ ③競馬新聞から組み立てる ④万単位は複勝ワイドのみ ⑤3連複3連単は2頭に自信がある時 ⑥ツイッター含め全ての情報は利用する ⑦賭けない勇気を持つ、我慢 ⑧絶対に諦めないこと ⑨WIN5は資金5万より このルールで考えていこうと思う 現時点で予想はかなり高精度であるが、それは中央メインレースに限る これはスロットにも言えることで、スロット歴半年のうちは負けまくっていた、学び経験を積むことで勝てるようになった 競馬もここでやめてしまったら終わりである。俺は絶対に諦めない 100万馬券、帯付きはもうすぐそこにある。ただ、ツキとタイミングが合わないだけ、確率論なら、必ずその時がやってくる。ゼロじゃない。 暖かく見守って下さい

大阪杯振り返り

サイトに頼って惨敗したので


全て解約して自力予想に戻しました


その結果


初日中山から3連単的中


そして本日大阪杯、惜しくも3連複的中のみ


f:id:GSX_RR:20170403001754p:plainf:id:GSX_RR:20170403001805p:plainf:id:GSX_RR:20170403001816p:plainf:id:GSX_RR:20170403001824p:plainf:id:GSX_RR:20170403001831p:plain


やはり予想サイトなんて当てにならない


予想方法の振り返りとしては


大阪杯


f:id:GSX_RR:20170403002037p:plain


阪神実績


近走順位


タイム


コース相性


この4点をベースに予想を立てた


今回は騎手でマカヒキ本命にしてしまったがために、3連単は全滅、3連複のみの的中となってしまった


そもそも反省点としては


ディープ産駒、ルメール騎手とはいえ、14枠の連対実績は3着1回のみ。かなり厳しい枠順だった。


成長の見られるヤマカツエースが3位、マカヒキ4位だったので惜しかったが、やはり1-2を狙うなら有利な枠順の方が勝率は高いようだ。


結果として


キタサンブラック 武 

ステファノス ディープ産駒 川田

ヤマカツエース 調子良 池添

マカヒキ ディープ産駒 ルメール


以上の着順であった。


f:id:GSX_RR:20170403002731p:plain


人気順では

1-7-4であり、予想頼りのオッズ買いではまず当たらないだろう


むしろよく3連複でも的中したもんだ


今後はキタサンブラックの真価


川田騎手の活躍


に期待して自力予想を続けて行きたいと思う


f:id:GSX_RR:20170403003016p:plain


地方競馬の買い過ぎと3月の惨敗により回収率が10パーセントも下がってしまったので


4月は100パーセントを維持していきたい


競馬歴1ヶ月の振り返り

2017年に入って始めた競馬の考察


f:id:GSX_RR:20170219225052p:plain


フェブラリーS前までの結果

-143,460


最高払い戻し単価27,710(三連単277.1倍)

この東京11Rで張ったヤマが当たり、総額245,130を手にした


他にも8万勝ったり6万勝ったりした日もある


しかし現実、もちろん8万負けたり6万負けたり、最大の負けは18万円負けである


ちなみに、スロットはほとんどの台の期待値を暗記しているので、立ち回りさえきちんとすれば負けることはない


ただ飽きてしまった、そして疲れてしまった


そこで目をつけたのが競馬である。お金を増やすことにお金を使いたい私にとって、期待値と効率、100円単位の競馬はとても魅力的なのだ。


しかし100万馬券を狙うあまりヤマを張る必要があるため、なかなか上手くいかない。

オッズの低い3連単を当てることは容易いが、増えない。

オッズの高い3連単は1口2口しか買っていない。(だからこそオッズが高いのだが)

そのため投資回収が85パーセントになってしまう。


張ったヤマが当たるのが先か


張るヤマが無くなるのが先か


競馬はなかなか上手くいかないものだ


10000-100000-1000000


10倍をたった2回当てれば100万なのに


次は中山記念、また予想から始めます。